MENU

心から望む人生へ変革を起こす

新技術やサービスが次々と生み出され、今までにない速度で世の中が急激に変化してきている現在、人が求める価値観も大きく変化を遂げてきています。例えるなら物質的な豊かさを求めていた高度成長時代から、テクノロジーの進化により必要なものは誰でも手に入るようになってきました。

内閣府が公表しているデータでは、国民の約7割以上の人が現在の生活に対して満足していると感じているという結果が出ています。

これまでの多くの人が物質的な豊かさを求め、それを手に入れるために労働して賃金を得る、という手段を選択してきましたが、一方で、時間や自分の中で無意識に求めていた理想とするライフスタイルも犠牲にしてきました。その結果、本当に自分が求めている理想も見失いつつあります。

弊社のテーマは、人が求める豊かさの実現であり、人が心から望む人生へと変革を起こしていく為に3つの資産(金融資産、自分資産、関係資産)が必要と考えており、その資産構築のサポートを、セミナーや企業研修、コンサルティングという手段を通じて提供しています。

SDGsに対応する取り組み

2015年9月、国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、193の加盟国による全会一致で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」。
2030年までに地球規模で解決すべき17の目標と169のターゲットが掲げられました。Innovation Art’s株式会社も、「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針における優先8課題である「①貧困をなくそう」と「④ 質の高い教育をみんなに」の目標達成に向けて積極的に取り組んでいきます。

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

SDGsについて(PDF)

PAGE TOP